大庭徹建築計画 | Toru OBA Architects

Toru OBA Architects

「 住まいをデザインする顔 」展 | Exhibition held at the Osaka museum of housing and living

「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展 「 住まいをデザインする顔 」展

建築にできることとは何か

大阪市立住まいのミュージアムで開催された「住まいをデザインする顔ー関西若手の仕事ー」展。40歳以下の建築家30人が選ばれ企画された展覧会である。
この展覧会では、自分の建築観につながる「建築にできることとは何か」という視点を、立体展示の「 体感型立体ダイアグラム 」と平面展示によって表現した。ダイアグラムでは、閉鎖されたセイロンティー旧紅茶農園の「村」、元労働者移民が今も住み続ける「長屋」、そしてそこを訪れたときの「あなた」 の関係を描いた.
展示のタイトルは「 時間と場所を旅する建築 」。スリランカの旧紅茶農園長屋再生プロジェクトで感じ得たことを基に制作した。

会 場:大阪市立住まいのミュージアム
会 期:2019年6月15日~7月15日